amazonギフト券やiTunesカードの現金化からさまざまな買取方法や口コミ、比較情報をまとめたメディア「ウットク-UTTOKU」です
NO IMAGE

WebMoneyは現金化に不向き!方法も含めて最新のおすすめ買取サイトを紹介

クレジット決済が当たり前にはなってきたものの、オンラインストアから個人情報が抜かれることを嫌う人に人気なのがWebMoney。

電子マネーでありながらチャージ式なので使いすぎることもありません。

そんなWebMoneyが手元にあって使い道がないから現金にできないかなと考えている方必見です。

結論から言うと、WebMoneyを即日現金化することはできます。

しかしWebMoneyの特徴から、新たに手に入れて現金化するには不向きの電子マネーです。

そこでこちらの記事では、WebMoneyを現金化する方法や現金化に不向きである理由、最新のおすすめ買取サイトについて詳しく説明していきます。

\今すぐWebMoneyを現金化する/

WebMoneyの使い道は?

まずはWebMoneyとは、インターネットサイト上で利用できるプリペイド式の電子マネーです。

いまや利用できるサイトは増えておりジャンルも以下の通り多数あります。

クレジットカードに抵抗がある方などに人気があって、チャージ式のためクレジットのように個人情報が抜かれる心配がありません。

通販サイトやゲームの課金に大活躍のWebMoneyは、使いすぎ防止にも役立ちます。

そんなWebmoneyですが、使い道が制限されるためプレゼントでもらったけど商品でもらったけど、現金にならないかなと考える人も多いはずです。

そしてWebMoneyは、「シートタイプ」と「WebMoneyギフトカード」と「WebMoneyプリペイドカード」の3つに分けられます。

しかし、「シートタイプ」と「WebMoneyギフトカード」についてはクレジットカードを使って購入することはできず、現金でのチャージしかできません。

つまり新たに購入して現金化するには向かない電子マネーということになります。

唯一クレジットで購入できる「WebMoneyプリペイドカードLite」は、チャージもクレジットですることが可能です。

※注意点※

WebMoneyプリペイドカードには2つ種類があります。

WebMoneyプリペイドカードLite
(無記名カード)
クレジットチャージ可
WebMoneyプリペイドカード
(本人限定カード)
クレジットチャージ不可

WebMoneyプリペイドカードLiteでないと、クレジットチャージができないので注意してください。

ではここからはそんなWebMoneyを現金化する5つの方法を説明していきます。

WebMoneyを現金化する5つの方法

上記のWebMoneyの特徴を踏まえた上で、WebMoneyを現金化する方法として5つ考えられます。

  • ギフト券買取サイトで現金化
  • ギフト券売買サイトで現金化
  • ヤフオクやメルカリで売却
  • 実店舗の買取業者を利用
  • 商品を購入して売却

詳しい方法はこのあと説明していますが、1万円分を現金化したらいくらぐらいになるのか、また現金化までの時間についてはそれぞれ違います。

現金化の方法 1万円の換金額 現金化までにかかる時間
買取サイト 7,500〜8,000円 10分〜90分
売買サイト 8,000円 60分〜3日
ヤフオクやメルカリ 9,000円 1〜3日
実店舗の買取業者 7,000円
(ほぼ取り扱いなし)
5分
商品を購入して売却 0〜 1週間

それぞれメリットデメリットがあるので、詳しい方法についてこれから説明していきます。

ギフト券買取サイトで現金化

WebMoneyを使って現金化する最初の方法は、買取サイトを利用して現金化する方法です。

買取サイトで現金化する流れは、

  1. 買取サイトにある申込フォームに必要事項を入力
  2. 買取サイトでギフト券に問題がないか確認
  3. 問題なければ数分で指定口座に振込

となります。

手元にWebMoneyがある方は、それを活用して現金化してもらえますが、これから購入するという方はQoo10もしくはヤフオク等のオークションサイトで購入することとなります。

今回は現金化が目的なので、コンビニなどで現金で買っても意味がありません。

クレジット購入できるオンラインストアは限られてしまいます。

ちなみにQoo10でもヤフオクでもWebMoneyの額面の10〜15%アップくらいで販売されていました。
《Qoo10》

《ヤフオク》

さらには買取率も75%ほどなので、新たに購入して現金化するギフト券としては向いていません。

手元にWebMoneyがあったとして、
例えばWebMoneyの1万円分を買取サイトに買い取ってもらった場合の換金率は75%ほどです。

10,000円(WebMoneyの額面) × 0.75(買取率75%) = 7,500円

となるため、そのほか手数料のかからないサイトを選べば7,500円現金化することができます。

手元にあったWebMoneyであれば換金率75%、ヤフオクなどで11,000円でWebMoneyを購入していたのであれば実質の換金率は68%まで下がってしまいます。

また全てオンラインでのやりとりとなるため、買取サイトでのWebMoneyの現金化は非常に簡単です。

ただし、買取サイトを利用した場合は下記のようなメリット・デメリットもあるので参考にしてください。

■メリット

  • ネットで完結できるため、最短当日で現金化が完了
  • 時間場所を問わず24時間申し込みが可能
  • 配送などの手間なく最短10分で現金化が可能

■デメリット

  • 80%~85%程度の換金率となる
  • 新たに購入は額面より高くなる
  • 買取サイトには悪徳サイトもある

上記のようなメリット・デメリットがあるためWebMoneyを現金化する際は、きちんと頭に入れておきましょう。

なんども言うようですが、新たに購入してギフト券を現金化するのであれば「amazonギフト券」が一番買取率も高くおすすめです。

メリット・デメリットを押さえた上で、おすすめの買取サイトは「買取ボブ」です。

\今すぐWebMoneyを現金化する/

おすすめ買取サイト「買取ボブ」

利用者からの評判や口コミも非常によく、何よりもスピーディーな対応が魅力です。

24時間通して営業しており、実際に調査として買取申し込みした際は申し込み完了から2分という驚異的なスピード感でした。

WebMoneyの買取も初回81%で、2回目以降も76%と業界でも高水準の買取率です。

スピードと高い買取率を兼ね備えた「買取ボブ」は初めての方にはおすすめしたい買取サイトですよ。

\今すぐWebMoneyを現金化する/

ギフト券売買サイトで現金化

2つ目の方法が、WebMoneyをギフト券売買サイトを利用して現金化するという方法です。

売買サイトで現金化する流れは、

  1. 売買サイトにてアカウント登録に必要事項を入力
  2. アカウント登録できたら販売価格を決めてgoogleplayカードを出品
  3. 取引が成立したら出金申請を出す
  4. 問題なければ数分で指定口座に振込

となります。

上記の手順で売買サイトでの現金化をおこなっていきます。

売買サイトでの現金化は、自分で販売価格を設定できるので換金率アップを狙える方法です。

しかしその一方で、契約成立されるまでの期間は保証されていないため、売れない可能性もあることは理解しておくべきことになります。

WebMoneyを売却する際、販売価格の相場としては85%ほどでした。

そこから売買サイトの多くは、「買取手数料」額面の2〜5%と「振込手数料」300円前後、を差し引きます。

そのため実際にWebMoneyを1万円分を85%で売却したとしても、

8,500円(販売価格85%) ー 200円(買取手数料2%) ー 300円(振込手数料) = 8,000円(現金化できた金額)

85%で売却できたはずのamazonギフト券は、実質80%の買取率になっていることがわかります。

売買サイトは購入者と販売者をつなぐ仲介サイトのため、買取サイトより多くの手数料がかかる印象です。

また、仲介サイトのため購入者と販売者間でトラブルがあっても自己責任というサイトがほとんどになります。

このような売買サイトの特徴を踏まえて、売買サイトを利用するメリットとデメリットは以下をご覧ください。

■メリット

  • 販売価格を自分で設定できる
  • 店舗に行かなくてもネット完結で現金化できる
  • ギフト券の購入は手数料もかからずお得

■デメリット

  • 差し引かれる手数料が買取サイトに比べて多い
  • 売却できるかどうかは確約されていない
  • 販売者と購入者のトラブルは取り合ってもらえない

そんな売買サイトでのメリット・デメリットを押さえた上で、おすすめの売買サイトはamaten(アマテン)です。

\今すぐWebMoneyを現金化する/

おすすめ売買サイト「amaten(アマテン)」

アマテンは26種類のギフト券を取り扱っている売買サイトです。

特徴の一つとして、サイトの動線が非常にわかりやすく使いやすいところがあげられます。

そのため、初めての方でも迷うことなくスムーズに操作ができ利用者のに喜ばれています。

また購入には一切手数料はかからないものの、出品に関しては額面の1.99%が出品手数料として、出金の際には1回につき499円の出金手数料がかかってくるのです。

そのためアマテンでの売却を考える際は、まとめての取引で手数料も計算して実際に振り込まれる金額を一度計算するようにしましょう。

\今すぐWebMoney現金化する/

ヤフオクやメルカリで売却

続いて、ヤフーオークションやメルカリで売却して現金化する方法です。

ヤフーオークションやメルカリ等はCM広告等も行っているため利用のイメージがつきやすい方も多いのではないでしょうか。

しかし今回調べてみたところ、メルカリでは現在WebMoneyをはじめとするギフト券や電子マネーを現金化することはできません。

メルカリでは、有形/電子を問わず、金銭と同等に扱われるもの全般の出品を禁止をしています。
違反を確認した場合は取引キャンセル・商品削除・利用制限となる場合があります。

・現在流通している国内外の貨幣、仮想通貨
・チャージ済みのプリペイドカード類(Suica、楽天Edy、nanaco、WAONなど)
・オンラインギフト券 (iTunesカード、Amazonギフト券など)
・商品券、ギフト券
・航空券、乗車券、旅行券
・クレジットカード、キャッシュカード
・債券、小切手、未使用の切手(円)、収入印紙、登記印紙
・宝くじ、勝馬投票券
・貴金属の地金(インゴット)
・その他、金銭と同じ意味を持つもの

(引用元:メルカリ)

残念ながら以前に悪質な業者がいたため、メルカリではAIを導入し、24時間体制でより厳重に監視していく方針になったようです。

その点ヤフオクでは現在もWebMoneyが販売されています。

調べてみるとgoogleplayカード1万円分が、11,000円前後でオークションにかけられていました。

ヤフオクで、googleplayカードを現金化する手順は以下の通りです。

  1. ヤフオクにログイン
  2. 出品したい商品を検索して相場をリサーチ
  3. 出品する
  4. 落札されたら商品の発送
  5. 落札代金の確定と振込

ヤフオクで販売しようとするにはまず、ヤフーアカウントが必要です。

ヤフーアカウントにてどれくらいの相場で販売されているのかをリサーチしないと、売れずに残ってしまうかもしくはもう少し高く売れたのにと損をする結果を招いてしまいます。

例えば、ヤフオクでamazonギフト券を現金化する際のメリットは、額面以上の価格で売れる場合があるところです。

例えばこちらでは10,000円分のamazonギフト券が13,800円でオークションにかけられています。

他の現金化方法ではありえないことですが、どうしてこのようなことが起こるかはヤフオクの支払い方法に理由があります。

ヤフオクでは「ヤフーかんたん決済」を選択することができ、その場合Tポイントでの支払いが可能です。

Tポイントは有効期限1年と短く、使い道もTSUTAYAやファミマなどと限定的で利用に困っている人が多い現状にあります。

そのためTポイントよりも有効期間が長く、用途も広いAmazonギフト券に交換したいと考える人がいるのです。

中には、より換金性の高いAmazonギフト券に交換しTポイントを現金化したい人が購入している可能性もあります。

もちろんTポイントで支払われても、代金は現金で受け取ることができるため問題ありません。

WebMoneyも同様で相場としては額面の10%アップほどで販売されています。

それに対してヤフオクでgoogleplayカードを現金化する際のデメリットは、手数料や手間がかかることです。

ヤフオクでは、システム手数料として落札額の10%(プレミアム会員は8.8%)差し引かれます。

また、振込手数料として100円(ジャパンネット銀行は無料)がさらにかかります。

例えば、10,000円分のWebMoneyが10,000円(100%)で落札されたとしても、手数料などを差し引くと手取りの換金率では89%になります。

10,000円(落札額) ー 1,000円(落札額の10%) ー 100円(振込手数料) = 8,900円(振込金額)

多くの場合が額面の金額で売れているので、手数料等を差し引いて実質の換金率は90%弱になっているのが現状です。

手数料で差し引かれる上に、

出品 → 落札 → 発送 → 受け取り確認 → 入金 → 振込 と多くの工程を経て現金化されます。

そのため売れたからすぐ振り込まれるという流れではないため、現金化できるまでに時間がかかってしまうことは大きなデメリットです。

実店舗の買取業者を利用

次は購入したWebMoneyを実店舗にて買取をしてもらうという方法です。

実店舗の買取業者で現金化する流れは、

  1. 来店する
  2. 買取業者がギフト券に問題がないか確認
  3. 問題なければその場で現金を受け取る

となります。

実店舗での現金化は何より、目の前で換金できる安心感が一番の魅力です。

その分どうしても家賃や人件費が多くかかってしまうため、買取率の相場は下がってしまいます。

他にも、実店舗を使って現金化する際のメリット・デメリットを下記にまとめているので参考にしてください。

■メリット

  • 安心感がある(ネットの場合は詐欺業者も多く存在する)
  • 不明点は直接聞ける
  • その場で現金が最短5分ほどで手に入る

■デメリット

  • 買取サイトより換金率が下がる
  • 店舗まで足を運ぶ必要がある
  • そもそもWebMoneyを取り扱っている店舗がほぼない

目の前で現金に変えてくれる安心感はある反面、買取率が下がったり足を運ぶ手間があること、さらには地方の方だと実店舗自体がないこともあります。

換金率や手軽さといった点を考えると、はるかに買取サイトが利用しやすいことがわかりますね。

商品を購入して転売

WebMoneyで人気の商品や売れている商品を購入して、それを転売することで現金化するという方法もあります。

商品を購入して売却した上で現金化する流れは、

  1. 定価よりも高く売られている商品のリサーチ
  2. WebMoneyでその商品を購入
  3. 購入した商品を転売
  4. 購入されたら商品を発送
  5. 売上代金の確定と振込

となります。

最近だと「マスク転売」等がありましたが、チェックが厳しく今では法律で規制されています。

またこの方法は、需要がある間は売れる可能性が高いですが、急に売れなくなり在庫を抱えてしまうとうリスクも高いです。

そして何より現金が手に入るまでに時間がかかり、リサーチの時点で時間がかかる上に、購入されるまでにも時間がかかります。

また、売れてからの発送等の工程が手間に感じる方も多いです。

高額で売れている限定コラボのブランド品であったり、最近ではswitchなどが高く売れていましたが売れるという確約はなく、知識がないとリスクが高いためこの方法もおすすめできません。

そもそもWebMoneyが使えるオンラインストアや店舗も少ないため、あまり現実的ではありません。

WebMoneyを現金化する際のおすすめは?

WebMoneyを現金化する方法はここまでで5つ紹介してきましたが、おすすめ順は以下の通りです。

《amazonギフト券の現金化おすすめ順位》

  1. ギフト券買取サイトで現金化
  2. ギフト券売買サイトで現金化
  3. ヤフオクやメルカリで売却
  4. 実店舗の買取業者を利用
  5. 商品を購入して売却

5つの方法の中で、換金率や現金化までのスピード感を考えて上記のような順位をつけました。

WebMoneyの現金化では断トツで買取サイトでの現金化がおすすめです。

売買サイトやヤフオクでの買取、商品を購入して売却という現金化の方法では、売れる確実性はない上に現金化できるまでに時間がかかります。

その点、買取サイトは最短2分ほどで振り込まれるスピード感でありながら、買取率も80%で相場を考えると損はしません。

ギフト券買取サイトが一番早くて確実

WebMoneyを現金化する方法と、それぞれのメリット・デメリット含めて説明をしてきましたが、一番おすすめなのは買取サイトで現金化する方法です。

以下の表でそれぞれの換金率と現金化までにかかるおおよその時間をまとめています。

現金化の方法 WebMoneyの換金率 現金化までにかかる時間
買取サイト 80% 10分〜90分
売買サイト 80% 60分〜3日
ヤフオクやメルカリ 85% 1〜3日
実店舗の買取業者 取り扱いほぼなし 5分

表を見て貰えばわかるように、買取率も相場でなにより振込スピードが圧倒的速さでかつ申し込みに問題がなければ確実です。

記事冒頭でもお伝えしたように、売買サイトやヤフオク等では必ずしも売れるとは限りません。

そのためサイト選びさえ間違えなければ、買取サイトでのgoogleplayカードの現金化が一番おすすめです。

WebMoneyは現金化に向いていない

記事内でも何度もお伝えしてきましたが、WebMoneyは現金化にはあまり向いていません。

もちろん手元にアカウント登録していないWebMoneyがあれば、それは使わないのであれば現金化するのが有効的です。

新たにギフト券を購入して現金化を考えている方は、WebMoneyではなくamazonギフト券を購入して買取サイトを利用するのが一番賢い現金化の方法です。

なぜならWebMoneyが額面通りの金額で購入でき、かつクレジット決済で手に入れるところがないからです。

その点、amazonギフト券はamazonのオンラインストアを利用すれば、すぐにamazonギフト券をクレジット決済で手に入れることができます。

※amazonギフト券の現金化の手順を詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にどうぞ。

amazonギフト券の残高含む現金化の手順と鉄板おすすめ買取サイト紹介

WebMoneyを現金化できる買取サイト一覧と比較

WebMoneyを現金化できる買取サイトを一覧で並べてまとめました。

以下サイトを比較してみて、買取率を重視したいのか振込スピードを重視したいのか、利用する前に目的にあったサイト選びをしていきましょう。

比較する項目は以下の通りです。

【買取率】
全サイトで取り扱いのあるAmazonギフト券の買取率

【手数料】
振込や出品手数料など買取率以外でかかる手数料

【振込時間】
実際買取依頼をした際の申し込み完了から振り込みまでの時間

【安心安全性】

申込当日に振り込み完了・問い合わせの対応も迅速で丁寧


申し込み当日に振込・問い合わせの対応が悪い、もしくは返信なし


振込までに2日以上かかった・問い合わせの対応は問題なし


振込確認が取れない・問い合わせへの対応が悪い、もしくは返信なし

停止中
在庫などの問題で現在買取を行っていない

サイト名 買取率
(Amazonギフト券)
手数料 振込時間 安心・安全性

買取ボブ
初回:90.0%
2回目以降:80.0%
無料 2分

電子ギフト券買取DX
初回:90.0%
2回目以降:88.0%
無料 5分

amatera(アマテラ)
初回:89%
2回目以降:89〜88%
無料 20分

金券買取EX
初回:90.0%
2回目以降:89〜87%
無料 1時間5分

ギフトグレース
初回:90.0%
2回目以降:89.5〜87%
振込手数料216円 2時間30分

買取生活
70% 無料 50分

ギフトチェンジ
初回:90%
2回目以降:89〜88%
無料 1時間18分

ソクフリ
88.0% ネットバンク振込手数料無料
(一部銀行有料55円〜157円)
27分

ギフトオフ
75.0% 振込手数料176円 1時間20分

アマプライム
70.0% 無料 1時間

ギフト買取トーマス
85% 振込手数料270円 3時間

ギフトかんきんわん
87% 振込手数料500円 55分

アマトク
82%〜79% 振込手数料500円 1時間15分

買取セブン
88% 振込手数料500円 1日

安心ギフト
87% 振込手数料500円

ギフト買取キング
84% 振込手数料500円

バイカ
初回:90.0%
2回目以降:89〜88%
無料 停止中

買取本舗
初回:90.0%
2回目以降:89〜88%
無料 停止中

おすすめ買取サイト:買取ボブ

\今すぐWebMoneyを現金化する/

買取ボブは、業界内でも老舗に位置する買取サイトです。

買取率は業界トップクラスで、利用のしやすさや信頼度は他サイトよりもずば抜けています。

振込のスピードにも定評があり、しかも手数料は一切かかりません。

取り扱うギフト券は6種類と少なめですが、「Amazonギフト券」「iTunesギフト券」「Googleplayギフト券」など主要なギフト券は網羅しています。

安心して素早く現金化できるため、初心者にもおすすめな買取サイトです。

買取ボブについて詳しく知りたい場合は、以下の記事をご覧ください。

買取ボブの口コミ評判まとめ!振込までの流れから使い方手順も紹介

買取ボブ利用者の口コミ

買取ボブを実際に利用した方の口コミは以下の通りです。

40代男性
査定額のわかりやすさや、申し込み後の振り込みの速さなど、いい面ばかりが目立つサイトでした。

査定額が分かりやすい点は、ネットでの買取サイトの利用に慣れていない初心者にとってもありがたいサイトになります。

振込スピードもずば抜けて早いのは、買取ボブの大きな特徴です。

30代男性
とても、迅速に対応してくれて、問題があった時にも、とても、わかりやすく対応してくださいました。

顧客対応が良い点は、インターネットの買取サイトに不安を感じている方には、大きな検討材料になります。

迅速かつ親切な対応が業界トップに君臨する理由の1つだと感じますね。

おすすめ買取サイト:ギフト券買取DX

\今すぐWebMoneyを現金化する/

買取デラックスは、「お魚通販.com株式会社」が運営する買取サイトです。

買取率は業界トップクラスで、利用のしやすさや信頼度は他サイトよりもずば抜けています。

実際に問い合わせへの返信も10分程度、申し込み完了から振り込みまでも5分ほどで完了しました。

迅速な対応は、利用者にとっては嬉しいですよね。

また、24時間営業・振込手数料無料で、安心して利用できる買取サイトとして人気を集めています。

また、「Amazonギフト券」「iTunesギフト券」「Googleplayギフト券」に加え、「LINEプリペイドカード」など9種類のギフト券を扱っているため、買取ボブが扱っていないギフト券を現金化する場合におすすめです。

安心して素早く現金化できるため、初心者にもおすすめな買取サイトです。

買取デラックスについて詳しく知りたい場合は、以下の記事をご覧ください。

買取デラックスの口コミ評判まとめ!振込時間から買取ボブとの比較も徹底調査

ギフト券買取DX利用者の口コミ

ギフト券買取DXを実際に利用した方の口コミは以下の通りです。

40代男性
各種手数料無料で分かりやすく、実質の買取率が高いからいい!

インターネットの買取サイトは、実店舗のある買取業者と違ってきちんと振り込まれるのか不安な方も多いことでしょう。

そんな時、ネットの買取サイトの情報源はサイトに書かれていることのみとなります。

ギフト券買取DXでは各種手数料無料となるため、実質の買取率が明確で親切です。

20代女性
24時間対応してくれるから、急な金欠の時に助けてもらってます

買取デラックスは、振込手数料などの他にかかるものがないから、実質買取率が高いとリピートしてる人の声も多く見られました。

また24時間で対応してくれるので、急な金欠の時にもありがたいサービスです。

おすすめ買取サイト:amatera(アマテラ)

\今すぐWebMoneyを現金化する/

amatera(アマテラ)は、対応スピードの速さと丁寧さに安心でき、顧客対応に定評のあるサイトです。

また振込時間に関しては実際に換金した際も、申し込み完了から20分で振込確認ができたので、スピードも他サイトに劣らないおすすめサイトです。

振込手数料が無料でかつ500円から取引してくれるため、少額取引を検討している方は重宝するサイトですよ。

ただし日によってギフト券の買取率は変動するため、取引前に必ずチェックしましょう。
amatera(アマテラ)について詳しく知りたい場合は、以下の記事をご覧ください。

amatera(アマテラ)の口コミ評判まとめ!買取率や振込スピードを徹底調査

amatera(アマテラ)利用者の口コミ

amatera(アマテラ)を実際に利用した方の口コミは以下の通りです。

30代女性
カードタイプも買い取ってくれる店はあんまりないのでありがたいです。ちょっと買取率は下がるけど・・・

Amazonギフト券はカードタイプや、eメールタイプ等種類があって、ネットでの買取サイトではeメールタイプしか受け付けていないところがほとんどです。

amateraはAmazonギフト券の買取に定評あるだけに、カードタイプの買取もしてくれます。

さすがにサイト側も少し買取率を下げるので、すこし金額は減りますが使える現金に増えるだけありがたい話です。

メールタイプ・カードタイプ・印刷タイプ、どのamazonギフト券も買取してくれます。

30代女性
2回目の利用はすごくスピーディーに進みました。20分程度で振り込みが完了したのですが、初回よりちょっとだけ買取率が低かったのは残念です。

2回目からは、本人確認証の提出も必要なくなるため、申し込みがスムーズにできます。

初回は特典といった意味合いでも買取率をあげているので、少し下がりますがそれでも即入金してくれるのはありがたいですね。

WebMoneyを現金化できる売買サイト一覧と比較

WebMoneyを現金化できる売買サイトを一覧で並べてまとめました。

以下サイトを比較してみて、買取率を重視したいのか振込スピードを重視したいのか、利用する前に目的にあったサイト選びをしていきましょう。

比較する項目は以下の通りです。

【買取率】
全サイトで取り扱いのあるAmazonギフト券の買取率

【手数料】
振込や出品手数料など買取率以外でかかる手数料

【振込時間】
実際買取依頼をした際の申し込み完了から振り込みまでの時間

【安心安全性】

申込当日に振り込み完了・問い合わせの対応も迅速で丁寧


申し込み当日に振込・問い合わせの対応が悪い、もしくは返信なし


振込までに2日以上かかった・問い合わせの対応は問題なし


振込確認が取れない・問い合わせへの対応が悪い、もしくは返信なし

停止中
在庫などの問題で現在買取を行っていない

サイト名 買取率
(Amazonギフト券)
手数料 振込時間 安心・安全性

amaten
91.3~99% 振込手数料499円
出品手数料額面の2%
1時間2分

ギフティッシュ
80.0〜97.9% 振込手数料275円
出品手数料額面の2%
1時間

AmaGift
91% 振込手数料200円
出品手数料額面の2%
買取停止中
購入可能

おすすめ売買サイト:amaten(アマテン)

\今すぐWebMoneyを現金化する/

アマテンはアマギフトと同じく各種ギフト券の売買サイトです。

26種類ものギフト券が売買可能で、豊富な種類のギフト券を取り揃えています。

また、出品者側は出品手数料と出金時に出金手数料がかかりますが、購入者側は一切の手数料がかかりません。

しかし、アマギフトが買取率を70.0%~99.9%にて設定できるのに対し、アマテンは額面の80.0〜99.9%のためさらに高値でギフト券を売却できる可能性もあります。

そのため購入者はもちろん、出品者も利用する価値があるサイトだと言えるでしょう。

amaten(アマテン)について詳しく知りたい場合は、以下の記事をご覧ください。

amaten(アマテン)利用の注意点!評判と危険性を実際に調査した結果

amaten(アマテン)利用者の口コミ

amaten(アマテン)を実際に利用した方の口コミは以下の通りです。

20代女性
買い取り額を自分で設定できるので時間に余裕があれば、換金率を高く設定できる。

買取率が決まっているサイトが多い中で、買取率を自分で決められるのはamatenの大きなメリットです。

買取率は額面の80.0〜99.9%で設定することができます。

さきほども手数料のところで説明しましたが、大きな額の換金を検討していて時間に余裕のある方は一度手数料を差し引いて、いくら振り込まれるのかを計算するのが懸命です。

額が大きければ大きいほど、スピーディな換金を希望していないのであれば、買取率を他社よりアップすることができるサイトです。

50代男性
買取から査定、振込まで全体的に遅かったです。

最近では依頼から振込まで数分で完了する業者もある中で、amatenはスピーディーさに欠けるといった評判でした。

出品して、売却成立、そして出金申請と一般的な買取サイトよりも一手間かかるので、振込までに時間がかかるのは当然です。

すぐに現金が欲しく、迅速な取引を望む方にとってはあまりおすすめできないサイトと言えます。

おすすめ売買サイト:ギフティッシュ

\今すぐWebMoneyを現金化する/

ギフティッシュは売買サイトにおいて、29種のギフト券電子マネーを取り扱っており、業界トップクラスです。

また振込手数料も275円と、アマテンの499円の振込手数料と比べると少ないので実質の買取率が上がります。

サイトのページがわかりやすく明確で操作しやすいのは初めての方にもありがたいですが、その一方で電話でのサポートは一切ありません。

サイトやメールのやり取りのみでスムーズに完結する点においては手軽さがあり、利用者にも喜ばれています。

売買サイトはあくまでも売却者と購入者の仲介サイトになるため、サポート体制がうすく手数料を取られること前提で利用しましょう。

ギフティッシュ利用者の口コミ

ギフティッシュを実際に利用した方の口コミは以下の通りです。

20代女性
自分で買取率を決められるのが良い

ギフティッシュは“買取サイト”ではなく“売買サイト”のため、自分で買取率を決めることができます。

他の買取サイトでは「サイト内に提示されている買取率よりも低い金額で振り込まれた!」というトラブルに巻き込まれる場合もありますが、この場合“自分で決めた買取率”で売買ができるため納得して取引をすることが可能です。

20代女性
急いでる人にはおすすめできません。実際出品数が多いので、すぐには売れませんでした。

ギフティッシュの悪い口コミを調べたところ、「すぐには売れない」というものがありました。

ギフティッシュは買い取りサイトではなく、売買サイト(マッチングサイト)のため、買う人がいないとすぐには売れません。

そのため、早朝や深夜といったサイトを見ている人が少ない時間だとすぐには売れないのが現状です。

WebMoneyを現金化する際の注意点

WebMoneyを現金化する際に注意する点は以下の通りです。

  • 手数料や換金率の確認
  • 怪しい買取サイトは利用しない
  • クレジットカードで購入不可

上記3点について、これから詳しく説明していきます。

手数料や換金率の確認

買取サイトやヤフオクのようなオークションサイト、実店舗での買取など全ての現金化する方法で共通することですが、実際に現金として手に入る金額を計算することが大切です。

振込手数料、出品手数料などなにかと名前をつけて、手数料を差し引いてくる悪質な業者は残念ながら多数あります。

サイトの情報であったり、注意書きなど細かにチェックをすることも大事ですが、申し込み完了する前に問い合わせて実際の振込金額を確認するようにしましょう。

例えば買取サイトの中でも初回は換金率81%と高い、「買取ボブ」で1万円のWebMoneyを換金すると、

10,000円 × 0.81(換金率81%) = 8,100円(実際の振込金額)

同じように換金率初回80%でありながら、振込手数料が216円の「ギフトグレース」で1万円のWebMoneyを換金すると、

10,000円 × 0.8(換金率81%) ー 216円(振込手数料) = 7,784円(実際の振込金額)

振込手数料が入るだけで、実質の換金率が3%ほど下がってしまうことがわかります。

パッと見た換金率だけで判断するのではなく、そこにかかる手数料が差し引かれたりしないのか確認して、利用前には実際に振り込まれる金額を確認することは必要です。

怪しい買取サイトは利用しない

インターネットで完結する手軽さから、今では多数の買取サイトや売買サイトが存在します。

「最大換金率97%」「業界No. 1」などといってサイトでうたっているにも関わらず、実際に振り込まれた金額が違った、振り込まれなかったなどの悪質なサイトがあることも事実です。

サイトの情報だけを見て換金を申し込むのではなく、実際に電話やメールで確認をして問い合わせに対して返信があるか会社の実態を確認することが重要になります。

サイトだけ出て申し込みできる状態にしていても、実際営業していないサイトも多く存在します。

数年で営業を停止するサイトもあるので、前回利用できたからといって確認もせずに買取申し込みするのは危険です。

今回30社近くの買取サイトを実際に利用してみて、一番のおすすめは「買取ボブ」になります。

初回90%の高い買取率はさることながら、その振込スピードは申し込み完了からわずか2分で振込が確認できました。

amazonギフト券を少しでも高く、そしてすぐに現金化したい方にはおすすめのサイトです。

クレジットカードで購入不可

WebMoneyはオンラインで額面通りの金額で、クレジットで決済できるところはありません。

基本的に購入は現金になります。

手元にWebMoneyをお持ちで、使い道がないから現金化するという事であればいいですが、新たに購入して現金化することはできません。

新たにギフト券を購入するのであれば、換金率を考えてもamazonギフト券が一番おすすめです。

まとめ

こちらの記事ではWebMoneyを現金化する方法や手順、そしておすすめの買取サイトを紹介しました。

WebMoneyを現金化する際の一番のおすすめは、買取サイトで現金化する方法です。

手元にあるWebMoneyを現金化するのであれば問題ないですが、新たに購入して現金化するのであればamazonギフト券を購入して買取サイトで現金化する方が手間も少なく換金率も高いのでおすすめです。

また短期間に何度もギフト券等を購入して、現金化を行うとその決済方法が利用停止になる可能性もあるため注意は必要です。

それでもどうしても手元に今すぐ現金が必要な場合は、買取サイトでの現金化をおすすめします。

\おすすめの買取サイトはこちら/